花粉症で苦しむ男性とザイザルの写真

ザイザルという治療薬をご存じですか?ザイザルを服用する方は、花粉症が原因で起こる鼻炎、くしゃみ、鼻水、鼻づまりの症状緩和を目的に服用します。そうです、花粉症治療薬として効果を発揮する治療薬です。こちらのザイザルについて色々とまとめていきます

タコのかゆみにはザイザルで対処を

タコアレルギーの方が居て、うっかり食べてしまうこともあります。特に飲み会などの会合であれば、いろんな食材が並べられていることで、オードブルやケータリングの食事をしているときなど起きりやすい場面です。蕁麻疹やかゆみ、ひどい場合は軌道が腫れてしまい呼吸困難に陥ることもあります。タコアレルギーを治療するのは難しいことから、なるたけ食べないようにすることが一番重要です。それでも仮に食べてしまうようなことがあれば、抗ヒスタミン剤の服用によって症状を緩和することができます。

ザイザルは抗ヒスタミン剤のなかでも第2世代の医薬品になっており、抗ヒスタミン剤のデメリットである眠気を軽減する効果があります。花粉症で用いられる医薬品であり、鼻炎や目のかゆみを抑える効果がありますが、アレルギーによる蕁麻疹等の症状緩和にも効果があります。服用する医薬品であり、アレルギー症状でおう吐や吐き気がある場合は難しいことがあり、その場合は医療機関で治療を受けるようにしましょう。アレルギーで一番怖いのはアナフィラキシーショックですので、顕著に症状が出た場合は自分で判断せず、医療機関の受診をおすすめします。

タコアレルギーを持っている人は、イカ等の軟体動物、貝類甲殻類を食べたときにもアレルギーを発症することがあります。タンパク質の一種であるトロポミオシンが原因で蕁麻疹やかゆみを発症することもあり、ダニやゴキブリ等にも抗原性を持っていることがわかっています。このような食材や生活環境で蕁麻疹やアレルギーを発症している場合は、タコにもアレルギーが表れる可能性が高いです。食材アレルギーを持っている方は特に注意が必要と言えるでしょう。